CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 好きな納豆の食べ方、教えて! | main | 車椅子テニスに見入った。 >>
イツモドオリの夏
0

     

    近所の天満宮近くに

    天神祭の知らせの張り紙を見つけました。

     

    真昼の炎天下、

    日傘でつくる陰だけを頼みに歩きながら、

     

    そうそう、そろそろ

    天神祭と祇園祭の時期じゃないか。

    そりゃあ、暑いよ、

    倒れそうに暑くて、いつものよう、だよ。

     

    いつものように陽射しがきつくて、

    いつものように蒸し蒸しして、

    いつものように暑くて、

    いつものように冷たいものを摂りすぎて、

    いつものように、ちょっとバテている。

     

    これは、いいこと、いいこと、と

    足取りに少し軽快さを取り戻した

    ちょうどその時、目に入ってきた張り紙に

    ほらね!

    祭囃子の稽古の音が響くのも間もなくだね!!と

    心の中で、小さくスキップしました。

     

    夏には夏の美しさ。

     

    日に焼けて、初夏のころより明度が落ちた

    街路樹の葉の緑色。

     

    街中にも鳴り響く蝉の声。

     

    入道雲。

     

    いつの間にか、くっきりと

    腕に焼き付いた半袖のあとかた。

     

    日傘を掲げる肘の内側にできた

    小さな汗疹。

     

    祭囃子や花火や風鈴や団扇やかき氷…

     

    どれもこれも、夏の風情、夏ならではの風情。

     

     

    季節の風情を、いつもどおり受け取っている今日。

    ありがとう。

     

     

     

    JUGEMテーマ:日々の切れ端

    | なんでもないけどステキな日 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/57