CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 居場所をつむぐ。vol.14|「日々を織る」 | main | 居場所をつむぐ。vol.16|「日々を織る」 >>
居場所をつむぐ。vol.15|「日々を織る」
0

     

    ☆「日々を織る」福祉の現場に生きる人たちのルポルタージュ☆

     

     

    Person 4   鈴木 貴子さん

     

     

    居場所をつむぐ。

     

      居場所のあること

      福祉の道へ 

      キャンプリーダーで鍛えた実践力 

      福祉を職業にすることへの躊躇 

      新聞社での日々 

      再び福祉の道へ、そして1995年1月17日 

      震災からの復興の町で 

      地域福祉の推進 

      もう一度、一個人としての福祉との関わり 

      高齢者福祉の世界へ 

    ⅺ   採用担当者として 

    ⅻ   働く環境を整える 

    xiii  人から人へ、受け入れられる安心

    xiv  人を育てる、職員へのケア  

    xv  尊敬心をもって接する 

    xvi  支援の仕事に見いだす喜びと感動

    xvii 困っている人がいない環境をつむいでいく

     

     

    「利用者の方に優しく接し、対等に接する人。

     そして人に対して、尊敬心をもって接することができる人。

     この職場に来て、そういう人たちに出会ったんです。

     それが、理想の職員像です」

     

    問いに対する鈴木さんの返答は早かった。

    知識や理解力の大切さはもちろんだが、

    人との関わり方がどうであるかの大きさについて、

    鈴木さんは強く言う。

     

     「高齢者福祉ですから、認知症の方も

     少なからずいらっしゃいます。

     認知症があろうがなかろうが、

     人としての尊厳はかわりません」

     

    認知症になっても安心して暮らせる町づくりの

    一翼を担っているのだという責任と誇り。

    そういうものを、知識やスキルに加えて、

    職員たちの心に育てたいという思いを感じた。

     

    仕事への責任感、誇り、そして優しさ、思いやり。

    いわば職員の人間力を育てることにも

    鈴木さんは力を注いでいる。

     

    その一つが、法人の特養ホームに配属になった

    新卒採用者を対象にした、

    グループ内での1日職場体験の取り組みだ。

     

    白寿会は、特別養護老人ホームを始め、

    有料老人ホーム、ケアハウス、ヘルパーステーション、

    デイサービスセンター、ケアプランセンター、

    地域包括支援センター、相談支援事務所など

    地域に密着した支援サービスを広く展開している。

     

    人というものは、限られた世界で同じ光景ばかりを

    見ていると、どうしても視点が偏ってしまう。

    社会経験の少ない新卒採用者が

    特養ホームの中だけを居場所に育っていけば、

    その経験の内側に視点が偏ってしまっても無理はないだろう。

    だから、特養ホーム以外のグループ内の

    種々様々な職場を経験し、

    外の世界を知り、視野を広げてもらいたいのだ。

     

    「外の世界を知ることで、

     今、自分のしていることの意味と価値を分かってほしい。

     その人の人生全体、家族、そして

     その人の居場所である地域に触れてほしいんです」

     

    外の世界を知ることで職員の世界が広がれば、

    目の前にいる人の世界についての想像の幅も広がる。

    施設の中でのケアという区切られた視野ではなく、

    目の前にいる人の人生、

    その人の向こうにいる家族の、さらに地域の姿に

    想像力を働かせ、自分のしている支援が、

    ひとりの人の、人生の最期の時間にどう関わっているのかに

    心を向けられるようになってもらいたい。

    その思いからの取り組みがもう一つある。

     

    「今年始めた、新しい取り組みなんですが、

     新人研修期間中に、

     法人の地域包括センターが開いている地域カフェに

     特養のご入居者と出かけて一緒に過ごす時間を設けています。

     環境を変えて、利用者さんとじっくり過ごすことで、

     普段とは違う、関わりを経験をしてもらいたいんです」

     

    仕事の中では、まず何をするか、

    義務や責任として、すべきことを覚える。

    そのまま、利用者の支援を段取りとして

    覚えてしまうようなリスクを回避したいのだ。

    業務としての関わりに終わらない、

    人と人としての関わり方を感じてもらいたいのだ。

     

    ルーティーンワークの中では

    ついつい、段取りを考えながらの

    支援になってしまうこともあるだろう。

    たとえば食事の介助をしながら、

    その後の入浴の準備のことを考える。

    仕事がスムーズに流れていくことを最優先すれば

    段取りが重視されるのも当然だ。

     

    だからこそ、環境を変え、

    利用者とじっくりと過ごす時間を経験してもらいたい。

    ただ一緒にお茶を飲み、流れる時間を過ごす中で、

    相手の表情に、声に、仕草に何かを感じる

    ゆとりのある時間の中で、

    利用者さんと、人と人として関わる感覚を、

    知ってもらえたらと鈴木さんは言う。

     

    「福祉系でない学生は、

     ボランティアや実習経験がないことも多いので、

     仕事、業務として関わり方しか経験していない人がいることに

     最近、気づいたんです。

     それだと、仕事の中で、人と関わる本当の喜びを知らずに

     日々の業務に埋もれてしまうかもしれない」

     

    この仕事を選んだからこそ得られる喜び。

    それを日々の仕事の中で感じられる力を身につけてほしい。

     

    利用者と心が通じ合ったと感じる瞬間の嬉しさ、

    その得も言われぬ喜びの感覚を、鈴木さんは知っている。

    “感じる力”が自分に与える豊かさを、

    自分の身をもって経験している。

    だからこそ、職員達の中に感じる力を育てたいと願う。

     

    人と人としての関わりの中で感じる喜び。

    そのエピソードは、聞いているこちらの胸の内にも

    日だまりができたような温かさを感じさせた。

     

           次回 「xvi  支援の仕事に見いだす喜びと感動」へ

     

     

    協力:社会福祉法人 白寿会

     

    コーディネート協力:社会福祉法人 産經新聞厚生文化事業団

     

     

    >>記事一覧へ>>>
    hihi wo oru

     

     

    JUGEMテーマ:社会福祉

    | ☆ルポルタージュ「日々を織る」Person4 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/209