CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 居場所をつむぐ。vol.9|「日々を織る」 | main | 居場所をつむぐ。vol.11|「日々を織る」 >>
居場所をつむぐ。vol.10|「日々を織る」
0

     

    ☆「日々を織る」福祉の現場に生きる人たちのルポルタージュ☆

     

     

    Person 4   鈴木 貴子さん

     

    居場所をつむぐ。

     

      居場所のあること

      福祉の道へ 

      キャンプリーダーで鍛えた実践力 

      福祉を職業にすることへの躊躇 

      新聞社での日々 

      再び福祉の道へ、そして1995年1月17日 

      震災からの復興の町で 

      地域福祉の推進 

      もう一度、一個人としての福祉との関わり 

      高齢者福祉の世界へ 

    ⅺ   採用担当者として 

    ⅻ   働く環境を整える 

    xiii  人から人へ、受け入れられる安心

    xiv  人を育てる、職員へのケア  

    xv  尊敬心をもって接する 

    xvi  支援の仕事に見いだす喜びと感動

    xvii 困っている人がいない環境をつむいでいく

     

     

    しばらく仕事を離れ一個人の生活に集中する。

    そう決めた充電期間にボランティアで参加した

    NPO法人「西成後見の会」。

    その法人の副代表理事が、現在、鈴木さんが勤めている

    社会福祉法人 白寿会の総合施設長だった。

    法人で地域に向けての新事業を始めるにあたって、

    新たに担当者が必要となり、鈴木さんに声がかかった。

     

    兵庫県の社会福祉協議会での広域な仕事には

    認知症の方への支援や高齢者福祉も含まれていたので、

    高齢者施設での仕事への知識と認識はあった。

    ただ、福祉施設で働くということは、

    大学を卒業する時に、自分には向いていないと

    遠ざけたことだった。

     

    「それが、何故かあの時は、

    人生の流れに乗ってもいいかなと、思ったんですよね。

    自分には珍しく、いろいろ考えないで、

    流れに飛び込んでもいいかと」

     

    小学校から高校まで通っていた、

    エスカレーター式のミッションスクール。

    その環境と、それを与えてくれている

    両親への感謝はあったが、

    自分にぴったりの居場所だと感じられずにいた。

    そしてチャンスを待って、そこから飛び出した十代。

     

    自分の志望を叶えるチャンスを前に

    周りの人の気もちを考えて、

    居場所の選択に迷った新聞社時代。

     

    組織が変化していく流れの中で自分も変わっていくのか。

    そこに居るために自分を変えるのか、

    自分を信じ続けるために居場所を変えるのか。

    異なりを受け入れることの難しさを

    自分の心の中にも見いだし、考え続けた社協時代の最期。

     

    自分が自分らしく、いることを問い続け、

    自分が自分らしく、いられる場所を探し続けてきた。

    そういう旅を続けてきて出会ったのが、

    自分には向いていないと考えていた

    施設という場所での仕事だった。

     

    10代、20代の時間の中で感じてきた

    異なりを受け入れることの難しさ。

    その経験の中で鈴木さんは、

    居場所というものは、

    人と人との間に生まれるものだということも

    感じたのではないだろうか。

     

    そして、特別養護老人ホームの仕事へと

    鈴木さんの背中を押す出来事があった。

     

    「県社協勤めの終わり頃、父が倒れたんです」

     

    心臓疾患だった。

    大学進学と同時に家を離れて10余年。

    社会経験を積んだ子どもの目に

    病に倒れた父の姿はどんな風に映っただろう。

     

    「これまで真面目に仕事をして、一所懸命

    生きてきた人が、人生の最期をどう過ごすのかって、

    とても大切で大変なことだと思いました」

     

    高齢者福祉や高齢者施設が、大切だと実感した。

    燃え尽きたと、仕事を辞めてから1年6か月。

    高齢者施設で働くことを決めた。

    鈴木さんが、乗ってもいいかなと思った人生の流れは、

    時を待って彼女を誘いに来た船のようだと思う。

     

                  次回「ⅺ 採用担当者として」へ

     

     

    協力:社会福祉法人 白寿会

    コーディネーター:社会福祉法人 産經新聞厚生文化事業団

     

     

    >>記事一覧へ>>>
    hihi wo oru

     

     

    JUGEMテーマ:社会福祉

    | ☆ルポルタージュ「日々を織る」Person4 | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/204