CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 居場所をつむぐ。vol.8|「日々を織る」 | main | 居場所をつむぐ。vol.10|「日々を織る」 >>
居場所をつむぐ。vol.9|「日々を織る」
0

     

    ☆「日々を織る」福祉の現場に生きる人たちのルポルタージュ☆

     

     

    Person 4   鈴木 貴子さん

     

    居場所をつむぐ。

     

      居場所のあること

      福祉の道へ 

      キャンプリーダーで鍛えた実践力 

      福祉を職業にすることへの躊躇 

      新聞社での日々 

      再び福祉の道へ、そして1995年1月17日 

      震災からの復興の町で 

      地域福祉の推進 

      もう一度、一個人としての福祉との関わり 

      高齢者福祉の世界へ 

    ⅺ   採用担当者として 

    ⅻ   働く環境を整える 

    xiii  人から人へ、受け入れられる安心

    xiv  人を育てる、職員へのケア  

    xv  尊敬心をもって接する 

    xvi  支援の仕事に見いだす喜びと感動

    xvii 困っている人がいない環境をつむいでいく

     

     

    小さなことでもいい。

    何か地域社会に変化を起こしたい。

    ムーブメントのきっかけをつくりたい。

    震災後、地域の社協の人たちと一緒に歩き回り

    暮らす人と直接に触れ合った町。

    机上で設計図を描くだけでなく

    何か手応えのある実行をしたいと

    志を共にする仲間と力を一緒に

    いろいろな試みを続けていた県社協での最期の時期。

    まるで闘うように仕事をしていた。

    熱量の大きさが、組織の変化への摩擦の大きさともなり

    社協を去ることを決めた鈴木さん。

     

    「燃え尽きたんだね…と言う周りの声を、

     その時は受け入れられなかったんですが、

     今になって振り返ると、

     まさに、燃え尽きた…という感じでした」

     

    大学卒業後、新聞社で仕事に打ち込み、

    転職した兵庫県の社会福祉協議会では、

    震災からの復興に挑む町で地域福祉の推進に奔走した。

    10年余り、仕事に没頭する日々を送ってきた。

     

    「すこし、のんびりしたいなと思って。

    しばらくは、一個人の暮らしをしたいと」

     

    料理をしたり、買い物に行ったり、親と過ごしたり。

    自分の日常生活を味わいたいと思った。

    他の誰かの暮らしのことばかり考えて、

    自分自身の日常生活はずっと後回しだった。

    自分の住まいを整え、食事に手間をかけ、

    気ままに寄り道しながら買い物に出かける。

    自分の好きなことだけをする。

     

    そんな暮らし方を始めて1か月ほど経った5月。

    大学時代、ボランティアで打ち込んでいた

    キャンプリーダーの先輩から、

    NPO法人の立ち上げの手伝いをしないかと声がかかった。

     

    独り暮らしのお年寄りが多く、

    生活環境が十分ではない人も少なくない

    大阪の西成という地域で、

    成年後見制度を活用して人権を擁護しようと、

    前年に設立、活動していた会で

    NPO法人として活動を展開していくにあたって、

    助成金の申請などの実務と、

    研修の企画や手配など会の活動そのもの手伝いだった。

     

    のんびりしようと辞職した仕事の内容と近いが、

    鈴木さんにとって、それは一個人として、したいことだった。

     

    本人の主体性を第一に、その人にとって

    よりよい暮らしを実現するための対人支援。

    その人が、その人として生きて、暮らしていることを

    何より大切に、支援をしていくことの大切さを訴え、

    実践し続ける先輩からの誘いは、

    燃え尽きたと感じていた鈴木さんの心を

    穏やかにケアするものだったのかもしれない。

    参加から15年を過ぎた今も、鈴木さんは、

    理事と事務局長として、この活動を続けている。

    さらに、このNPO法人「西成後見の会」への参加は、

    鈴木さんのその後のキャリアに大きな影響を与えた。

     

                次回 「 高齢者福祉の世界へ」へ

     

     

    協力:社会福祉法人 白寿会

     

    コーディネート協力:社会福祉法人 産經新聞厚生文化事業団

     

     

    >>記事一覧へ>>>
    hihi wo oru

     

     

    JUGEMテーマ:社会福祉

    | ☆ルポルタージュ「日々を織る」Person4 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/203