CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< <コラム>障害の両サイド|日々を織る | main | 居場所をつむぐ。vol.2|「日々を織る」 >>
居場所をつむぐ vol.1|「日々を織る」
0

     

    ☆「日々を織る」福祉の現場に生きる人たちのルポルタージュ☆

     

     

    Person 4   鈴木 貴子さん

     

    居場所をつむぐ。

     

      居場所のあること

      福祉の道へ 

      キャンプリーダーで鍛えた実践力 

      福祉を職業にすることへの躊躇 

      新聞社での日々 

      再び福祉の道へ、そして1995年1月17日 

      震災からの復興の町で 

      地域福祉の推進 

      もう一度、一個人としての福祉との関わり 

      高齢者福祉の世界へ 

    ⅺ   採用担当者として 

    ⅻ   働く環境を整える 

    xiii  人から人へ、受け入れられる安心

    xiv  人を育てる、職員へのケア  

    xv  尊敬心をもって接する 

    xvi  支援の仕事に見いだす喜びと感動

    xvii 困っている人がいない環境をつむいでいく

     

     

    自分が自分らしく、いることを問い続け、

    自分が自分らしく、いられる場所を探し続けてきた。

    人生を旅にたとえるなら、そういう旅をしてきた人。

    そして、その旅の中で知り、味わった

    安心して身を委ねられる居場所を得ることの

    大変さ、大きさを、

    他の人の痛みや、しんどさを思いやる心に変えた人。

    インタビューを終え、

    取材ノートを読み返しながら

    感じたり考えたりを繰り返す中で、

    どんどんと、そんな輪郭線が濃くなってきた。

     

    今回、お話を伺ったのは、

    鈴木貴子さん。

    特別養護老人ホームを中心に、

    地域で暮らすお年寄りや

    障害のある人の暮らしを多角的に支援する

    「社会福祉法人 白寿会」の法人本部で、

    企画推進や職員採用の仕事に就いている。

     

    福祉の現場と言えば、先ず、

    当事者と直接接するスタッフの姿が思い浮かぶが、

    そのスタッフをサポートしたり、

    事業推進のための環境を整えたりすることで、

    利用者を支援するのもまた福祉の現場だ。

     

    どんな人から、どんな支援を受けるのかが、

    毎日の生活の質と密接に結びつく。

    その日々の暮らしの質が

    その人の人生の質に大きく影響する。

    食事、入浴、排泄、散歩、余暇の過ごし方と、

    人の生活に寄り添い支える職員を

    育て、サポートしていくことは、

    間接的に利用者の生活の質に大きく関わる。

     

    『地域の中で、一人でも多くの

     お年寄りや障害のある人が、

     自分がどのように暮らしたいかという気もちを

     よりたくさん叶えながら

     自立して暮らしていけるように、

     創意工夫をこらして

     必要に応じた様々な支援を続けていく。』

     

    法人が掲げるその思いを実現するために、

    求人、職員教育、職場環境の向上、事業推進と

    裏方として日々、力を尽くす鈴木さん。

    その取り組みの根っこには、

    「これまで一生懸命生きてきた人が

    人生の最期の時間をどう過ごすのかって、

    とても大切で大変なことだと思う」と、

    人を敬い、思いやる心を感じた。

     

    鈴木さんが現在勤めている高齢者福祉の法人で

    仕事を始めたのは2004年の秋。

    新たな場所での暮らしを始めるお年寄りが

    一日も早く新しい生活に馴染めるように、

    人と人との関係や環境との関係を、

    本人と一緒になって紬いでいく、という

    法人のコンセプトを、

    利用者たちへの支援だけでなく、

    職員のサポートにおいても実行している。

    鈴木さんの人事における姿勢を伺いながらそう感じた。

    そして、その姿勢を育んだのは

    彼女がそれまで歩んできた

    紆余曲折の道程だったのではないかと思う。

     

    人と人の関わりを紬ぐ場所。

    そこで、どんな風に

    人を敬い、思いやり、大切にしているのか。

    先ず、福祉の仕事を選んだ理由に始まって

    彼女が歩んできた紆余曲折の道程の話から始めよう。

     

             

                                        次回「 福祉の道へ」へ

     

     

    協力:社会福祉法人 白寿会

    コーディネーター:社会福祉法人 産經新聞厚生文化事業団

     

     

    >>記事一覧へ>>>

    hihi wo oru

     

     

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

    | ☆ルポルタージュ「日々を織る」Person4 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/194