CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 選択肢を増やし、世界を広げる。vol.5 |「日々を織る」 | main | 選択肢を増やし、世界を広げる。vol.6 |「日々を織る」 >>
抹茶ぼた餅。
0

     

    お昼ご飯をいただくタイミングを逃し、

    さりとて夕ご飯まで辛抱できそうにないし、

    ちょっと、おやつでつなごうと。

    ちょうど、梅田に出ていたし、

    好物の仙太郎のぼた餅を買って帰ることにしました。

     

    春のお彼岸さんとあって、

    ショーケースにはぼた餅がずらり。

    粒あん、きな粉、七穀、黒豆、赤飯、ごま、に並んで

    抹茶ぼた餅がありました。

     

    いつものおいしさか、珍しい抹茶ぼた餅か。

    二つや三つや四つや五つ。

    その気になれば、全種類、食べきる自信はありますが、

    それはならぬ、してはならぬ。

    と、めずらしく、きっぱり自分に言い聞かせ。

     

    ころんとまるい抹茶色が、

    若草におおわれた小さな丘のようにも見えて、

    あ、春だ、春じゃないか、春を感じるじゃないかと。

    抹茶ぼた餅に決めました。

     

    抹茶餡の、甘さの向こうからやってくる、

    ほわっとほのかにほろ苦い風味の

    始めてのお味は、やっぱり、おいしかった。

     

    仙太郎さんだから、お味が悪いわけはないと選び、

    いただいて、やっぱり美味しいと思う。

    この、安心感と信頼。

    まさしく、ブランドですね。

    あ、いや、のれん、って言った方が似合うかな。

     

     


     

    | ふと思ったこと | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/190