CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 最近、自転車乗ってますか? | main | いちばんの近道。 >>
「金に急いたら、花、咲かん」
0

     

    「金に急いたら花咲かん」


    もう昔の、ず〜いぶん若かった

    桃の節句のころに聞いた、

    近所の花屋のおじちゃんのコトバです。

     

    店先には何種類かのバケツに入れ分けられた桃の花があって、

    枝ぶりや花や蕾の充実など

    素人目にもその区別の理由はそれなりに分りましがた、

    2つ、一見して、そんなに大きな違いを見受けられないのに

    お値段がそこそこ違っているバケツがありました。

    2つのバケツを前に、この差の決め手は?と考える私に、

    おじちゃんが言ったのです。

     

    「1つは古い木の枝、

     1つはまだ若い木の枝。

     ぱっと見て、蕾のつきが似ていても

     花が咲いたら違いが分る。

     若いうちに切った枝か

     十分に年月待って切った枝か」

     

    へえ、そうなのか…と思ったところに、

    おじちゃんのひと言。

     

    「金に急いたら、花、咲かん」

     

    客あしらいは奥さんに任せて、

    あっちのバケツをこっちに、

    こっちのバケツをあっちに、

    年期のはいった長靴で黙々と動き回る

    おじちゃんは背中ごしに、こう付け加えました。

     

    「花も人も一緒やな」

     

    おじちゃんの引退で、そのお店はなくなりましたが

    このコトバは、心のうちから、なくなりません。

     

    仕事を続けていると、

    ついつい、楽をしたくなったり、

    仕事をお金に換算してしまいそうになったりすることが

    正直、あります。

    そんな時、おじちゃんのこのコトバが降臨します。

     

    おじちゃんは、

    花咲か爺さんであります。

     

     

    momo

     

     

    JUGEMテーマ:コトノハ

    | 言葉の話 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/19