CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 選択肢を増やし、世界を広げる。vol.1|「日々を織る」 | main | 文字の外の言葉 >>
福祉とブランディング|セミナー3rd
0

     

    先週の木曜日、2月15日、

    社会福祉法人 産經新聞厚生文化事業団さんの

    研修会に講師として参加してきました。

    受講されたのは、事業団さんが運営しておられる

    各福祉施設のブランディング委員の皆さん。

     

    お渡ししていた課題の発表と意見交換を中心に、

    ぶっ通しで4時間を越えるハードさにも

    集中力を維持し続ける皆さんの姿に、

    日々の職務での粘り強さを垣間見るようでした。

     

    ワークショップ形式で試みたインナーブランディング。

    日々のハードな職務の中で、それぞれ

    施設への理解を深めるための取材を行い、

    発表していただいた内容に、

    あらためて頭が下がりました。

     

    各施設創設から、利用者、保護者の皆さん、

    そして地域の方々との間に信頼を築くために、

    諸先輩が重ねて来られた日々の活動の

    細やかさ、深さ、重みに、感じ入りました。

     

    そして、さらに、

    施設長も何名か、ご参加くださって、

    その知識と経験、情熱から、湧き出してくるような

    一言ひと言が、胸に刺さりました。

     

    制度や法令で定められたからではなく、

    目の前にいる当事者本人が、

    一人ひとりの人が必要としているから、

    大変を承知で実行する。

    目の前にいる人の日々の生活が少しでも

    楽しく明るくなると思うことを実行する。

     

    「制度が人を動かしているんやない、

      現場が制度を動かすんや」

     

    施設長のお一人が、

    先輩から聞かされたというこの一言を、

    その場にいる皆にシェアしてくださいました。

    いま、この文章を書きながら、

    その言葉の意味するところを噛みしめています。

     

    皆さんに何かを届けたいとお話をしに伺って、

    大きな何かを受け取ってきた。

    そんな思いです。

    情熱、という言葉が、胸に、ずんっ、ときています。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:社会福祉

    | 仕事の話 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/186