CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 囲いを打ち破る。Vol.13 |「日々を織る」 | main | 囲いを打ち破る。Vol.14 |「日々を織る」 >>
心のこもったお土産
0

     

    友人から、ポルトガルのお土産をもらいました。

     

    マカロンみたいなピンク色が

    とってもスイートなノートとボールペンのセットと、

    鰯のトマト煮の缶詰。

     

    ノートとペンのピンク色は大好きな色。

    文房具、なかでもノートやペンに目がない私に、

    きっと売り場にいたら、

    ひゃー、かわいいっと、手を伸ばしただろう

    デザインのものをセットにして。

     

    開いてみたら、

    これも、一番大好きな白紙のページ。

    なんてったって、

    ノートは白紙が好き。

    その次が、うすい方眼。

    罫線入りのを求めるときは、

    よっぽどその表紙や大きさや紙の感じが好きな時。

     

    そういう好みを全部わかって、

    選んできてくれたセットですよ。

     

    そして、

    ポルトガルの名産という鰯の缶詰。

    しかも、これもまた大好きなトマト煮。

    ワインに合うよ〜と。

    よろこぶツボをおさえたチョイス。

     

    これ、よろこぶぞ〜、土産にしちゃろう、と

    旅先で、私のことを思い浮かべながら選んでくれている

    友だちの姿を想像して、とても嬉しかった。

     

    そこにいない時に、

    私という人間の姿をちゃんと思い浮かべてくれている。

    友だちって、ほんとにあたたかい。

     

     

     

    JUGEMテーマ:日々の切れ端

    | なんでもないけどステキな日 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/160