CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 福祉とブランディング|セミナー1st | main | ああ、そうだ、霜月、だった。 >>
日々の断捨離
0

     

    一昨日、10月最後の日曜日、

    楽しみにしていたイベントがあったのだけど、

    朝、目覚めてすぐに窓の外を見たら

    讃岐うどんのごとく太麺な雨がザーザーと降りしきり、

    前の通りを歩く人が、ひっくり返った傘と格闘していて、

    こりゃあ、天気予報がおっしゃるとおりの台風ですね、

    どこからどうみても台風ですね、

    否定しようのない台風ですね、

    まごうことなき台風ですね、

    不急不要の外出禁止の台風ですねと、

    出かけるのをよしました。

     

    で、

    上がったり下がったりする気温を追いかけて

    半袖のTシャツと薄物のセーターが

    乱気流にかき混ぜられたように入り交じった

    箪笥の引き出しをひっくり返して衣替え。

     

    そして、衣替えは、毎回、

    この服、置いときますか?

    それとも、お礼とお別れ言いますか?

    の、小さな自問自答タイム。

     

    色褪せたとか、

    どうコーディネートしても

    オールドファッション感否めないとか、

    若づくり感出てないかとか、

    なんかちょっと気分にしっくりこなくなってきたとか、

    いろいろなフィルターがあって、

    オフシーズン用のケースいり、

    ありがとうございましたの袋行きに

    仕分けていくのですが、

    今回の衣替えでは、

    みごとにすべてがオフシーズンのケースいり。

     

    たぶん、これは違うと思った時々に、

    未練を捨てるということを心がけてきた

    ここ最近の暮らし方が効いていたのだと、

    なんていうか、ある種の達成感がありました。

     

    日々の中で、

    今の自分に沿うワードローブに整えて

    数を少なくしてきたことで

    かえってコーディネートの幅が広がり

    服の数が増えたように感じていたのに、

    実際は、ずいぶんと削ぎ落とされていたわけで。

    なんていうか、あー、気もちいいっ、と、

    達成感があったのです。

     

    今、自分が何を着たいか。

    どんな装いでいることが心地よいか。

    Tシャツ1枚、ジーンズ1本を

    自分を映す鏡に、磨いておく。

    ちょっと、いま、そういう暮らし方が

    気に入っております。

     

     

    JUGEMテーマ:日々の切れ端

    | Daily living | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/135