CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 囲いを打ち破る。Vol.3|「日々を織る」 | main | 日々の断捨離 >>
福祉とブランディング|セミナー1st
0

     

    一昨日の水曜日、

    社会福祉法人 産經新聞厚生文化事業団さんの

    研修会に講師として参加してきました。

     

    研修会受講の参加者は

    事業団が運営していらっしゃる

    福祉施設それぞれのブランディング委員の皆さん。

     

    福祉という仕事、障害者支援の仕事と、

    ブランディングという

    ちょっと異質な感じの組み合わせへの戸惑い。

     

    そんな戸惑いの中にある皆さんに、

    70年を越える歴史の、

    障害者福祉と向き合ってこられた日々のなかに

    語るべきストーリーがあって、

    すでに両腕いっぱいに抱えている

    ブランドの価値に気づいていただこうと、

    ブランディングの基本のお話をしました。

     

    働く人が、

    自分の仕事への愛情や誇りや喜びを

    あらためて感じるきっかけ、

    仕事へのモチベーションが高まるきっかけ。

    人の心を、何かしら温かに、豊かにする、

    ブランディングのチカラをお伝えできたらいいな、と。

     

    そう、お教えするというのではなく、

    ブランディングという仕事のワクワク感を

    分かち合うことができたらと、

    レジュメをつくるなかで

    ふだんカタカナで通している言葉の1つ1つを

    ひらがなで言い表わすなど、

    あらためてブランディングということを

    自分自身でも噛み砕き、飲みこむ機会に恵まれました。

     

    ブランドの体幹強化ともいえる

    インナーブランディングをテーマに、

    2時間少し、お話したり、

    グループワークをしていただいたりのあと、

    感想を聞かせていただいたら、

    皆さんそれぞれに、

    受け取っていただきたかったキーワードを

    心にとめてくださっていました。

     

    そして、感想に合わせて、

    この次にお伝えする課題もいただいていて、

    たくさんの収穫のあった仕事でした。

     

    この後、待っているのは、

    基本の話で、受け取っていただいた種、

    その小さな種を育てていく過程の伴走者の役目。

     

    このブログに連載している

    ルポルタージュ『日々を織る』の取材執筆を通して

    自分なりに思い考えるようになった福祉の姿というものに、

    ブランディングのチカラがどんな風に役立てるだろうかと。

    うう〜ん、うう〜ん、と楽しく唸っている次第です。

     

     

    1025seminar

     

     

    JUGEMテーマ:ブランディング

     

    | 仕事の話 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.francer.jp/trackback/134