CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
<< 恩送り|言葉がくれたもの | main | 似合う言葉 >>
絶不調が教えてくれた。
0

     

    台風が来るというので、出かける予定をとりやめて

    停滞している原稿書きに集中しようと決めた3連休。

    3日間、部屋でゆっくりと決めたとたん

    気が緩んだのか、体調を崩してしまった。

    その崩れようったら、ただただ、

    全身が痛い、辛い、苦しいと

    ズキズキ疼く頭のなかにそんな言葉が

    うずうず渦巻いている激しさ。

     

    たしかに最近、ちょっと無理を重ねているなと

    感じていたけれど、まあ大丈夫かと、もとい、

    大丈夫だろ、大丈夫に違いない、俄然大丈夫と

    自分に言い聞かせて、無理の上塗りを重ねて

    とうとう、ぶったおれた。

     

    体の力みから解放すべくヨガとストレッチと

    メディテーションにいそしんだ3日間。

    いくらか体をリセットできた気がする。

    予定していた原稿書きはできなかったけど、

    毒だしができたから、結果オーライ。

     

    目を閉じて、渓流の音を流して

    ひたすら呼吸に集中するメディテーション。

    ただ蓮華座でじっとしているだけなのに

    地面に体を預けてしまえばいいのに

    股関節や足首に力が入っているのに気づく。

    たぶん、普段の生活でも、こんな風に

    無意識に、無駄な力がはいってるんだろうなあ。

    そりゃあ、疲れるわと。

     

    取材や会議、打合せの前、

    以心伝心、こちらが構えると相手も構える。

    力まず、構えず、肩の力を抜いていこうと

    心がけていたつもりだけれど

    こんな風に、あちらこちら力が入っていたんだと

    びっくり仰天、反省いたした。

     

    希望していた原稿書きはできなんだけど

    サプライズプレゼントを受けとったようでもある。

    うう〜〜、なんで、こんなに辛い目に…とか

    ぼやいたりもしたけれど、結果オーライ。

     

    力んだところで、地力があがるわけもなし。

    力み癖がすぐに直るわけでもないのもなし。

    どうすりゃいいのよ、ってところだけれど、

    まあ、思いのほか、自分が力んでいるということを

    分かったことで、たぶん、何かしら

    変わっていけるんじゃないかしら。

     

     

    JUGEMテーマ:日々の切れ端

    | Body and Mind | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。