CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
日々の断捨離
0

     

    一昨日、10月最後の日曜日、

    楽しみにしていたイベントがあったのだけど、

    朝、目覚めてすぐに窓の外を見たら

    讃岐うどんのごとく太麺な雨がザーザーと降りしきり、

    前の通りを歩く人が、ひっくり返った傘と格闘していて、

    こりゃあ、天気予報がおっしゃるとおりの台風ですね、

    どこからどうみても台風ですね、

    否定しようのない台風ですね、

    まごうことなき台風ですね、

    不急不要の外出禁止の台風ですねと、

    出かけるのをよしました。

     

    で、

    上がったり下がったりする気温を追いかけて

    半袖のTシャツと薄物のセーターが

    乱気流にかき混ぜられたように入り交じった

    箪笥の引き出しをひっくり返して衣替え。

     

    そして、衣替えは、毎回、

    この服、置いときますか?

    それとも、お礼とお別れ言いますか?

    の、小さな自問自答タイム。

     

    色褪せたとか、

    どうコーディネートしても

    オールドファッション感否めないとか、

    若づくり感出てないかとか、

    なんかちょっと気分にしっくりこなくなってきたとか、

    いろいろなフィルターがあって、

    オフシーズン用のケースいり、

    ありがとうございましたの袋行きに

    仕分けていくのですが、

    今回の衣替えでは、

    みごとにすべてがオフシーズンのケースいり。

     

    たぶん、これは違うと思った時々に、

    未練を捨てるということを心がけてきた

    ここ最近の暮らし方が効いていたのだと、

    なんていうか、ある種の達成感がありました。

     

    日々の中で、

    今の自分に沿うワードローブに整えて

    数を少なくしてきたことで

    かえってコーディネートの幅が広がり

    服の数が増えたように感じていたのに、

    実際は、ずいぶんと削ぎ落とされていたわけで。

    なんていうか、あー、気もちいいっ、と、

    達成感があったのです。

     

    今、自分が何を着たいか。

    どんな装いでいることが心地よいか。

    Tシャツ1枚、ジーンズ1本を

    自分を映す鏡に、磨いておく。

    ちょっと、いま、そういう暮らし方が

    気に入っております。

     

     

    JUGEMテーマ:日々の切れ端

    | Daily living | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
    鯖街道から
    0

       

      友だちからの帰省土産「焼き鯖へしこ」。

       

      「へしこ」って、塩漬けの鯖を

      糠に漬けたものだとばかり思っていたら、

      焼き鯖を醤油に漬けた、こういうのもあるのですね。

       

      焼き鯖の香ばしさと醤油のコクがあいまって、お〜いしい。

      ごはんが進むったら、ありゃしません。

       

      さすが、鯖街道の起点の町です。

      焼き鯖寿司といい、

      鯖のへしこといい、

      鯖のおいしさを堪能させてくれます。

       

      新鮮な野菜と魚。

       

      実家で暮らしていた若い頃は

      そうも思わなかったけど

      最近は、大阪に戻ってしばらくすると

      あの、野菜と魚が恋しくなるという

      友だちの気持ちは想像に難くないです。

       

      そういう細やかな、

      日々の暮らしの嬉しさが

      豊かさを織り上げていくのだと

      五臓六腑で納得した次第です。

       

      焼き鯖へしこ

       

      JUGEMテーマ:おうちごはん

      | Daily living | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
      好きな納豆の食べ方、教えて!
      0

         

        納豆のネバネバを、

        さらにネバネバ化する

        ネバネバミックスが好き。

         

        ネバネバミックスって何だ?

         

        それは、

         

        納豆に、

        納豆昆布なる昆布と

        さっと茹でて薄くスライスしたオクラと

        細かく刻んだ長いもに

        たたいた梅干しをいれて、

        混ぜて混ぜて混ぜ〜〜て

         

        とろっとろのねばっねば、にしたのを

        ちゅるちゅるっと、いただくのです。

         

        熱々の白ご飯や玄米ご飯にかけてもいいし、

        いりゴマを加えて、パスタソースにしてもいいし、

        これを具に焼きおにぎりにしてもいい。

         

        この暑く、暑く、蒸し暑〜い夏に、

        元気が出そうで、好きな食べ方です。

         

         

        好きな納豆の食べ方、教えて!

        JUGEMテーマ:おうちごはん

         

        | Daily living | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
        いただきもので晩酌
        0

           

           

          これがほんとうのほんとうに

          今年の最後のものと、

          北陸の実家近くの農家さんで手に入れた

          里芋を友だちからのお裾分け。

           

          この時期に里芋をいただけるなんて、

          これは、いうならば、

          冬にスイカをいただくようなものではないかいな。

           

          しかも北は北海道から南は九州まで

          お待ちかねのバイヤーさんがいるくらいの

          里芋農家さんの作物らしく。

           

          どうやっていただこうかと考えた末、

          あご(トビウオ)をベースに、

          鰹と昆布をきかせた出汁をしっかりとって、

          ほんの少し淡口醬油をおとしただけの

          関西風の薄味にたきました。

           

          シンプルな出汁の味が、

          里芋の風味をひきたてて、すごく美味しゅうございマス。

           

           

           

          と、おいしいお惣菜ができたところに、

          これまた珍しい焼酎を

          宮崎のお土産にいただきました。

           

          20度と、焼酎にしては弱いので、

          そのままストレートでいただけるということで、

          パッケージのアタマについたお猪口が、

          そのままぐびっと、と語ってます。

           

           

           

          こうなればもう、晩酌でしょうと。

          土曜の夜、週末だものと、晩ご飯とは別腹に、

          里芋と冷蔵庫の常備菜で

          お風呂上がりに一杯いただきました。

           

          うんまかった。

          なんていうか、気もちが、満ち足りていた。

           

          ごちそうさまでした。

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:おうちごはん  焼酎

          | Daily living | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
          好きな「なす料理」なに?
          0

             

            「お漬け物」と「焼き茄子」。

             

            味噌田楽も麻婆茄子も天ぷらも、

            どんな風に料理してもおいしい茄子ですが、

            茄子といって思い出すのは、

            やっぱり「お漬け物」と「焼き茄子」かしら。

             

             

            水茄子の浅漬けを手でさいて、

            白ご飯といっしょにいただくのが、

            なんといっても一番。

             

            ころんとした茄子を包んだ糠を落として

            さっと水で洗って、

            包丁を使わずに手でさいて。

             

            炊きたての白いご飯を

            ご飯茶碗に七分目ほどよそう。

             

            お茶は、そうさなあ、

            冷やしすぎていない麦茶がいいな。

             

            く〜っ、たまらん。

             

            想像するだけで、もう、たまらんっ。

             

             

            おつぎは、焼き茄子。

             

            網で焦げ目がつくまで焼いた茄子の皮を

            アッチ、アッチ、アァッチィ、と

            小さな悲鳴を上げながらむいたあと、

            これもまた、手でさいてから

            粗熱をとったところで冷蔵庫へ。

            よ〜く冷えたら、

            生姜醤油でいただくのです。

             

            これもまた、

            炊きたての白いご飯があうのです。

             

            たまらんなあ。

             

            あ、いや、どちらも、

            冷酒でいただくのも、いいですな。

             

            う〜、たまらん。

             

             

            …で、写真は白茄子と長茄子を、

            オリーブオイルでソテーして

            ブラック、ピンク、グリーンのペッパーと

            岩塩で味をととのえたもの。

            ワインに合わせて、ちょっとイタリアンな感じに

            料理したもの。

             

            これもおいしかったんだよなあ。

             

             

             

             

            好きな「なす料理」なに?
            JUGEMテーマ:おうちごはん

            | Daily living | 07:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
            夏に食べたい麺といえば?!
            0

               

              韓国冷麺。

               

              ネンミョンという、

              あの、ちょっとゴムみたいな弾力のある

              韓国の冷麺かな。

              夏に食べたい、と限定するのなら。

               

              蕎麦やうどんは、冷やでも一年中食べたいし、

              素麺だって、口当たりのいいものが食べたい時には、

              冷水でキュッと締めたのを

              真冬にもいただきたくなる。

               

              そうやって考えた時、

              夏になって食べたくなるのは、韓国冷麺であるなあ。

               

              酸味と辛味と、ほんのりした甘さ。

              キンキンに冷やした麺の上にのせた

              キムチやキュウリもいいのよねえ。

               

              って、考えてたら、すんごく食べたくなってきた。

               

              ふふふ、今日明日、一緒にランチに行く相手は、

              韓国料理につきあわされることになりますな。

               

               

                                                                                Phot : Original image from Pixabay

               

               

              夏に食べたい麺といえば?! 

              | Daily living | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
              ずいきの煮物
              0

                 

                福井県の実家に戻っていた友だちが、

                「天日干しの芋茎(ずいき)」をお土産にくれました。

                朝市のような所で売っている農家の自家製だそうで、

                以前、町のスーパーマーケットで見かけて買ったこともありますが、

                採れたて天日干しは、美味しさが違いました。

                 

                シャキシャキとしっかりとした歯ごたえ、モチモチとした食感。

                口に広がる風味を、土とお日さまの滋養そのものに感じました。

                 

                里芋と一緒に煮るとおいしいよ〜、と

                冷凍保存してあったお芋さんまで一緒にくれたので、

                いただいたその日のうちに、

                京揚げと里芋と一緒に料理しました。

                 

                福井の郷土料理では、

                酒と醤油と味醂で煮るそうなので、

                大阪風の出汁はかなり控え目に。

                 

                しっかり煮たけれどお酒の香りがほんのり残っていて、

                濃い口の味だけど、辛くはなく

                芋茎のしっかりした食感や風味とマッチして、

                いつもとは違う味わいを楽しめました。

                 

                大きめの里芋も肉がしっかりしていて、

                いつもの薄味に炊いたんとはひと味違う

                煮っころがしのおいしさで新鮮でした。

                 

                友だちん家からやってきた郷土料理、うまかった。

                 

                 

                ずいきの煮もの

                 

                JUGEMテーマ:おうちごはん

                | Daily living | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) |