CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
抹茶ぼた餅。
0

     

    お昼ご飯をいただくタイミングを逃し、

    さりとて夕ご飯まで辛抱できそうにないし、

    ちょっと、おやつでつなごうと。

    ちょうど、梅田に出ていたし、

    好物の仙太郎のぼた餅を買って帰ることにしました。

     

    春のお彼岸さんとあって、

    ショーケースにはぼた餅がずらり。

    粒あん、きな粉、七穀、黒豆、赤飯、ごま、に並んで

    抹茶ぼた餅がありました。

     

    いつものおいしさか、珍しい抹茶ぼた餅か。

    二つや三つや四つや五つ。

    その気になれば、全種類、食べきる自信はありますが、

    それはならぬ、してはならぬ。

    と、めずらしく、きっぱり自分に言い聞かせ。

     

    ころんとまるい抹茶色が、

    若草におおわれた小さな丘のようにも見えて、

    あ、春だ、春じゃないか、春を感じるじゃないかと。

    抹茶ぼた餅に決めました。

     

    抹茶餡の、甘さの向こうからやってくる、

    ほわっとほのかにほろ苦い風味の

    始めてのお味は、やっぱり、おいしかった。

     

    仙太郎さんだから、お味が悪いわけはないと選び、

    いただいて、やっぱり美味しいと思う。

    この、安心感と信頼。

    まさしく、ブランドですね。

    あ、いや、のれん、って言った方が似合うかな。

     

     


     

    | ふと思ったこと | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    アッチッチ。
    0

       

      雰囲気のよいカフェでいい気分を味わっていると、

      店のどこかで一組の客が口論を始めた。

      低く小さな声が、どんどん高く大きくなってきた。

      カフェの空気は一変し

      味わっていた気持ちの穏やかさは消えてしまった。

      店内のどの客も同じような心持ちらしく、

      それぞれの表情が曇る。

      中には曇るを通り越して険しくなる人もいる。

       

      そこにいる人から醸し出される空気のいうのは、

      場の雰囲気をつくりあげる。

      曇りや険しさを表情に表す人がそこここにいれば、

      当然、その場の雰囲気は険悪なものになり、

      その雰囲気にのまれて、

      最初は、ああイヤだ、うんざりだ、

      その場を去ろうと思っていた人たちまで、

      何かその場で被った嫌な気持ちを、

      その場に吐き出してしまいたいような気分になった。

       

      こうやって、一組の客の小さな口論が大ごとになって、

      やがて、その場にいた皆が疲弊して

      いったい全体、始まりはなんだったのかと振り返れば、

      火種となった2人の間の、

      考え方の違いを理解し合っていく中での

      言葉の行き違いであったり、誤解であったりで。

      人と人が関わっていけば、ごく普通に起こることで、

      それは話し合いや、お互いの行動をとおして

      いつかは解消されていくものだったり、

      最後まで相容れることができずに、

      その2人が袂を分かつという結果に終わる

      その人たちの問題だったわけだ。

      それが、周囲に飛び火して

      周りの皆も大火傷をしてしまっていた。

       

      無関係な火種で火傷をしないためには、

      火に近づかないことが一番だ。

      そんなことは、言うまでも言われるまでもない。

      けど、人というもの、そうも賢くばかりはいられない。

      旺盛な好奇心転じた野次馬根性で、

      対岸の火事の様子を見ているつもりが

      もっと近くで見てみたいと、ジリジリ近づいて、

      知らず知らずに火の粉を浴びていた、と。

       

      つい最近、SNSで炎上している問題を、

      これはいったいどういうことなんだろうか。

      一つのことに対して、

      今の、人の気分はどんな風に反応しているのだろうか、

      どんな風に捉えられ、受け容れられているのだろうか。

      伝え方のどこに不具合があって、こんなことになったのだろうか。

      そんなことを、ちょっと見つめ察してみようと

      いろいろな言い分をすこし追いかけているうちに

      ああ、なんか、疲れた、と、

      とても嫌な気分になってしまった自分を傍観して、

      こんな風に思い至った。

       

      側にいる人の機嫌というものは、伝染してくる。

      身内や、友だちだって、

      ちょと、どうしようもなく機嫌の悪い時、

      それも自分になんの関わりもなくそうなっている時には、

      さわらぬ神に…と、そっと適度な距離を置くというのに。

      人のふり見て我がふりを、直せるほどには至らないが、

      心するべきことをいくつかは学んだところで、

      膏薬貼っつけとけば治るほどの火脹れ持って、退散、退散。

       

       

      JUGEMテーマ:日々の切れ端

      | ふと思ったこと | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
      等身大と少しの自分。
      0

         

        等身大の自分。

        ありのままの自分。

        自然体の自分。

        飾らない自分。

        素顔の自分。

         

        いろんな言い方があるけれど、

        そんな風にいるって

        なんて、むずかしいことだろうと思う。

         

        まず、そもそも、だいいちに、

        等身大の、ありのままの自分というものを

        私は分かっているのだろうかと。

        そういうことろからして、不確かなのだ。

         

        一介の私、という言葉、

        取るに足らない小さな私という言葉に、

        何かしらホッとするものを感じるのは、

         

        たぶん、そんな小さな自分が、どれほど、

        自分を大きく見せようとか、

        強い振りをしようとか、

        賢く思われようとか、

        力んでも、背伸びしても高が知れている。

        そんな気楽さを与えてくれるからだろうと思う。

         

        小さな自分が、自分の筋力で

        一日中歩ける程度の爪先立ち。

         

        やりたいことが、できるようになるために。

        ちょっと息が上がる程度の駆け足も

        必要だと思う今日この頃。

         

        等身大の自分を、本当には分からないままの自分が

        正体不明、五里霧中のなかにある等身大を

        時々、ちょっと超えて

        力んだり踏ん張ったりすることが

        きっとあるぞという今日この頃。

         

        無理をする日は、一日中歩ける程度の爪先立ちで。

         

        と、とりとめもなく考えている10月下旬。

        そろそろ、来年のことなど考え始めたりする

        今日この頃です。

         

         

         

        JUGEMテーマ:日々の切れ端

         

        | ふと思ったこと | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
        言葉になる前の時間
        0

           

          高齢化する親と生きていく。

           

          自分を含めて40代50代60代の仲間たちの

          現実的で切実な問題になってきた。

           

          その現実と

          一人で向き合うことになったらと

          想像するだけで

          怖いくらいの心細さで胸が塞がった。

           

          その時、思い出した言葉が

          「一人にしない、一人にならない」

           

          仕事を通じで出会った

          福祉の現場で生きる人たちが

          合い言葉のように口にしている言葉だった。

           

          その現実と向き合っていくヒントを

          見つけることができないかと。

          その「合い言葉」を実現するための

          日々について話を聞かせてもらって

          ルポルタージュを書き始めた。

           

          このブログに毎週木曜日にアップしている

          ルポルタージュ「日々を織る」だ。

           

          書くことが、ほんとうに多くのことに気づかせてくれる。

           

          書いていることで、

          福祉の専門性どころか、

          すでに、介護などに向き合ってきた人だけの

          知識も経験も無い私を

          今まで誰にも言えず、一人で

          抱えてきた悩みや問題の話相手に、

          重くなった気もちに風通しをする知人がいる。

           

          そんなこんなで、毎日、新しい考えの芽が生まれて

          洪水のように頭の中に溢れかえっている。

           

          考えが言葉になるまでの

          沈黙の時間が、もっともっと必要なんだと思う。

           

          とりとめのないまま言葉にしていくことで

          考えを見つけ出していくよりも

          もっと手前の、

          言葉にすることも忘れて

          とりとめのない考えに耳を傾ける時間。

           

          これからの秋の夜長、

          そんな風に時間を過ごすのにぴったりだ。

           

           

           

          JUGEMテーマ:ひとりごと

          | ふと思ったこと | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
          あなたは「雨男・雨女 or 晴男・晴れ女」どっち?
          0

             

            あなたは「雨男・雨女 or 晴男・晴れ女」どっち?

            うん、晴れ女。

            てるてる坊主と呼ばれたりもする。

             

            ピンポイント、選択肢なしで入った大事な約束の日、

            天気予報では雨だったり雪だったり。

            街中ならばいいけれど、

            ちょっと山の方だったりすると

            それは、とても辛い、キツい。

             

            でも、なんというか、

            きっと天気予報から、時間ズレるよ、と

            意味も根拠もない自信、それも絶対的な確信がある時。

            これはどうしても行きたいんだ、やりたいんだ、と

            熱烈、猛烈、強烈に望む予定の時。

            お天気に恵まれます。

            すくなくとも雨は降らない。

            もちろん、100%とは言いませんけども

            ここぞという時は、ほぼ100%、ありがたいことに。

            よしんば降っても、

            屋内にいるときとか、大切なポイントの前後とか。

             

            なんですけど。

            世の中、チャラにできていて。

            もう、ほんとうに、いやいや、泣く泣く、

            どうしたって、気乗りしないんだけど、

            自分の気分や言い分が、百分の百とおるほど

            人生甘くな〜い、わけで、

            ほんとうに、しかたなく、出かけるときは

            雨になる。

            それも、バケツをひっくり返したどころか、

            下からも降ってくるくらいの土砂降りだったりして。

             

             

             

            JUGEMテーマ:日々の切れ端

             

            | ふと思ったこと | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
            負けん気のダシドコロ
            0

               

              悔しいんと思わへんのか?

              負けても悔しいとは思わへんのか?

               

              子どものころ、幼稚園のころ

              祖母に言われたコトバだ。

               

              祖母の家の近所の同い年の子たちと

              何か、勝ち負けのある遊びをして、

              負けてもいっこう悔しがる様子のないワタシに

              祖母が投げかけた。

              いや、投げつけたと言った方がいいかもしれない。

               

              負けたこと、どころか

              勝ち負けを競ってきたことすら忘れたかのように

              自分の好きな絵本だか何かを広げて

              満足げに一人遊びをはじめたワタシに、

              まるで自分が負けてきたかのように

              腹立たしげに問う祖母。

               

              う〜ん。

               

              絵本を膝に広げたまま

              間延びした返事をするワタシ。

               

              あんたには、負けん気、いうもんがないんか?

               

              う〜ん。

              無い…かなあ。

               

              首をひねって考えた挙げ句

              孫から出てきた答えは、

              無い…かなあ。

               

              歯ぎしりせんばかりに悔しがっていた祖母、

              拍子抜けしたように、

              そうか…、と言った。

               

              この、一幕を見ていた母も

              かなり呆れたらしく

              その後、社会人になっても繰り返し聞かされた。

               

              たしかに、今も、人との競い合いに対して

              あまり負けん気が働かない方である。

              いや、勝てば嬉しいし、負ければ残念である。

              負けん気が皆無なわけではない。

               

              それが証拠に、自分でも驚くほど

              負けず嫌いになることがある。

              親しい友人は、

              あ、負けず嫌いが出た、と言う。

               

              ただ、その負けたくない相手が

              ほとんどの場合、誰かではない。

              他の誰かでもないし、

              自分に負けたくない、というような

              ちょっとカッコよさげなものでもない。

               

              なんというか、

              できないというのが、どうにも嫌なのだ。

              自分自身で決めたハードルを

              越えられないという意味での負けが嫌なのだ。

               

              もちろん、自分にはできないことが

              山ほどあることは分かっている。

               

              できること、できないことを、

              きちんと分けることで、

              できることの質をあげていくことの

              大切さも分かっている。

              仕事の経験が増えていくごとに

              その大切さへの理解が深まっている。

               

              できることと、できないことを、弁える。

              することと、しないことを見極める。

              そのうえで、

              すると決めたことについては、

              負けず嫌いに、打ち込んでいく。

               

              そうやって、すこしずつ

              自分の決めたハードルを超えていくことで、

              できると見極めたことが、

              ほんとうにできるように、なっていくのではないだろうか。

               

              負けて悔しいと思わへんのか?

              あんたには、負けん気、いうもんがないんか?

               

              そう聞いた祖母に、今ならこう答えるな。

               

              負けん気の出しどころを選んでるねん。

               

               

              JUGEMテーマ:エッセイ

               

               

              | ふと思ったこと | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
              人との出会いの結び方
              0

                 

                人との出会い方には2種類ある。

                 

                ふと、そんなことを思った。

                 

                人と出会う、というのは

                相手のことを心に留めて

                自分との結び目を作っていくということだ。

                 

                微笑みを交わし

                いくつかの言葉を交わし

                いくらかの時間を共に過ごし

                じゃあね、とそれぞれの道へと帰っていく。

                そういうのは”行き会う”のであって、

                ここでワタシが思う

                “人と出会う”というのとはちょっと違う。

                 

                 

                ”行き会う”を”出会う”に変えるには

                引っかけ釘がいる。

                相手のことを心に留める引っかけ釘。

                自分と相手との結び目の置き場。

                 

                この引っかけ釘が、

                自分の興味や関心からできているのか、

                相手への興味や関心からできているのか。

                 

                自分への興味や関心から

                できている釘というのは、

                たとえば誰かと知り合った時

                その相手が、自分の興味や関心に

                どう関わることができるか、

                その相手が自分にとって

                どんな力になるのかを、

                先ず、最初に考える、釘。

                 

                相手への興味や関心から

                できている釘というのは、

                その相手の興味や関心によって

                自分の中に

                どんな変化や新しさが生まれるか、

                そこから生まれる何かを探したいと

                先ず、最初に考える、釘。

                 

                このどちらのひっかけ釘をもっているのか。

                それによって、

                人との出会い方は違う。

                 

                 

                これから歩いていきたい道はどんな道か、

                その道を、

                どんな風に踏み開いていこうかと考えるなかで、

                ふと、そんなことを思った。

                 

                 

                JUGEMテーマ:エッセイ

                 

                | ふと思ったこと | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
                子どもの質問力
                0

                   

                  友だちの子ども、

                  体も脳も育ち盛りの4歳児。

                   

                  いま、友だちのご両親がアメリカからいらしてて、

                  グランパとグランマとの会話は英語で。

                   

                  普段から、パパとは英語で、

                  ママとは日本語で話しているので

                  右向いて英語、左向いて日本語なんて朝飯前の彼。

                   

                  こないだ、グランパとグランマにお会いした際、

                  彼の英語の吸収力の凄さを嬉しそうに話してらっしゃいました。

                   

                  話していて分からないことが出てきたら、

                  すぐに、それは何?と質問が返ってくると。

                   

                  わからないことを曖昧なままに放っておかず

                  ちゃんと質問してくるから、

                  自分たちの言うことを理解しているのかどうかが

                  はっきりと分かっていいと評してらっしゃいました。

                   

                  その、分からないことがあれば、すかさず質問する。

                  体裁ぶって分かったふりをせず、

                  分からないことを、分からないという。

                  その素直さが、

                  育ち盛りの柔らかな脳をフル活用しているのだなあと。

                   

                   

                  柔らかな吸収力を羨ましいと思う前に、

                  何事に寄らず、

                  その、素直さを倣う勇気が必要だなと、

                  思った次第でございます。

                   

                   

                  JUGEMテーマ:日々の切れ端

                   

                  | ふと思ったこと | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  夏を惜しむ
                  0

                     

                    8月になりました。

                     

                    子どもの頃は、まるまるひと月夏休みの

                    この8月が、夏のど真ん中という感じでした。

                     

                    向日葵

                    スイカ

                    花火

                     

                    大人になって、この、

                    8月、夏真っ盛りという感じに、

                    ちょっと異なる感覚が混じってきました。

                     

                    天神祭が過ぎ、

                    祇園祭が過ぎ、

                    土用が過ぎて、

                    夏が行こうとしている。

                    そんな感じがするのです。

                     

                    今に集中しようと思いながら、

                    先の方に意識が、雪崩れるように走っていっている。

                    そんな感じなのか。

                     

                    さあ、夏だ、と。

                    ありあまるエネルギーを感じる一方で、

                    過ぎていく寂しさを感じたりもする。

                     

                    だからこそ、この、

                    焼きつくようなエネルギーが降り注ぐ

                    夏を浴びておかなければと、思います。

                     

                     

                    JUGEMテーマ:エッセイ

                    | ふと思ったこと | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    町の姿
                    0

                       

                      近所にスーパーマーケットができるらしく、

                      4月頃から工事が始まっています。

                       

                      郊外から都心へと住まいを移す人が増え、

                      都心の学校の生徒数の急速な増加への対応が

                      求められている、というニュースを裏付けるように

                      日曜日などに、近くの公園を通ると

                      児童の遊具を設えた一角には

                      子どもの群れができています。

                       

                      どちらかというと、

                      仕事を持った大人ばかりの町だったのですが、

                      最近は、少子化というコトバとは裏腹に

                      子ども連れの姿が増えて、

                      町の姿がすこしずつ変わっていくなと思っていたら、

                      レストランやバーが連なる通りに、

                      スーパーマーケットの登場です。

                       

                      町って、止まることなく動いている

                      生き物なんだと、

                      組み上がっていく鉄骨を眺めながら、

                      ふと思いました。

                       

                      JUGEMテーマ:日々の切れ端

                      | ふと思ったこと | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      あめんぼ とんぼ とんがらし
                      0

                         

                        ある日、会話中の内容とは無関係に

                        60代の男性が突然言いました。

                         

                        「ごんぼのきんぴら食べたいなあ」

                         

                        コンゴでも

                        コンボでも

                        ボンゴでもなく、

                        彼の口からこぼれでた”ゴンボ”というのは

                        ゴボウ、ごぼう、牛蒡のことです。

                         

                        「ごぼう、じゃなくて、そこは、ごんぼ、なのですね」

                         

                        「あたりまえやん。

                         ゴンボやないと、ウマないなあ。

                         もちろん、効かせるのは

                         とんがらし、やで」

                         

                        そうです、トンガラシは、とうがらし、唐辛子。

                         

                        大阪で生まれ、大阪で育った

                        60代の彼が食べたいのは、

                        あくまでも

                        トンガラシをきかせたゴンボのきんぴら。

                        あくまでも

                        きんぴらゴボウではなかったのです。

                         

                        ごぼう→ごんぼ

                        とうがらし→とんがらし。

                         

                        このレトロな言い方に、

                        秋刀魚の煙があがっていた

                        板の間からつっかけを履いておりる

                        祖母ん家の、土間の台所を思い出さされました。

                         

                        たしかに

                        「きんぴらごぼう、お食べ」と言われるよりも、

                        「ごんぼのきんぴら、おあがり」と言われる方が、

                        懐かしくって、おいしそうな気がします。

                         

                        …と、そのように

                        ゴンボやトンガラシ…という言い方を

                        レトロだのなつかしいだの言っていたのに、

                        こないだ、台所で

                        「トンガラシ、トンガラシ…」と呟きながら

                        唐辛子を探していたわたし。

                        お、お、お。

                        レトロだと思っていたコトバを

                        無意識に使っていたわたし。

                         

                        ごぼうがゴンボになる日も、そのうち来るのだろうか。

                         

                         

                        唐辛子 original from pixabay

                                                                        phot : original image from Pixabay

                         

                        JUGEMテーマ:日々の切れ端

                        | ふと思ったこと | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        油断大敵
                        0

                           

                          左のハムストリングを痛めてしまった。

                          五月晴れに誘われての

                          すんごく久しぶりのジョギングのせいでもないし、

                          トレーニングに励んだわけでもない。

                          原因はシンプルに、ビュンビュン歩きすぎ。

                           

                          そう…

                          それは速歩か、

                          速歩の練習を始めたいのか…というほど

                          ビュンビュンと、大股で、重い荷物を持って、

                          1時間以上歩いたら、

                          左の腿の裏側が、ペキッと痛いのである。

                           

                          夜、湿布を貼りながら、

                          また、やっちまったぜ…と一人反省会。

                           

                          ジョギングとか、トレーニングとかだったら、

                          きっと、これ以上は体力を越えているぞ…と

                          多少、自分で加減をしたと思うのだけど。

                          なにせ、普段の生活での、ごく普通に歩く…ということだから。

                          加減もへったくれもなく、

                          脚の動くままに、動きたいままに、

                          進んだのである。

                          で、その運動強度に、自分の筋力が見合っていなかったという…

                          なんとも悲しい結果なのである。

                           

                          気をつけなければ…。

                          大丈夫、こんなに慣れたことなんだからという、

                          何でもないことのなかに、危険は潜んでいる。

                           

                           

                          JUGEMテーマ:こころ

                          | ふと思ったこと | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) |