CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
居場所をつむぐ。vol.17|「日々を織る」
0

     

    ☆「日々を織る」福祉の現場に生きる人たちのルポルタージュ☆

     

     

    Person 4   鈴木 貴子さん

     

     

    居場所をつむぐ。

     

      居場所のあること

      福祉の道へ 

      キャンプリーダーで鍛えた実践力 

      福祉を職業にすることへの躊躇 

      新聞社での日々 

      再び福祉の道へ、そして1995年1月17日 

      震災からの復興の町で 

      地域福祉の推進 

      もう一度、一個人としての福祉との関わり 

      高齢者福祉の世界へ 

    ⅺ   採用担当者として 

    ⅻ   働く環境を整える 

    xiii  人から人へ、受け入れられる安心

    xiv  人を育てる、職員へのケア  

    xv  尊敬心をもって接する 

    xvi  支援の仕事に見いだす喜びと感動

    xvii 困っている人がいない環境をつむいでいく

     

     

    学生時代に打ち込んだ

    キャンプリーダーの活動で触れた

    障害児達の生き生きとした姿や、

    子ども達の向こう側にいる親御さん達の姿。

    阪神淡路大震災の後の兵庫県で、

    被災した人、一人ひとり訊ね歩き、

    その目で確かめた障害者の困りごと。

    NPO法人の成年後見活動の中で肌で感じている

    地域の高齢者に必要な支援。

    そして自分の父親の病気をきっかけに思った

    それまで懸命に生きてきた高齢者が

    人生の最期の時期をどう過ごすかの大切さ。

     

    多様な人が抱える様々な困りごとに直に接し、

    その人の痛みやしんどさに共感してきた。

    そして、その痛みやしんどさを、

    すこしでも和らげる力になることに

    喜びを見いだしてきた人。

    自分の歩みを記したノートを確かめながら、

    事実とその時の感情を辿るように話す姿に

    そう感じた。

     

    そして今、

    誰も困っている人がいない職場環境づくりが

    採用担当者である自分の仕事だと言う鈴木さん。

     

    職員一人ひとりの困りごとに気づき、

    知るための方法を幾重にも用意し、

    誰もが安定した気もちで利用者の支援に取り組めるよう

    力を尽くしている。

    そして人材育成では、知識や技術だけでなく、

    利用者への優しさや尊敬心を育てたいと

    細やかなケアを続けている。

     

    鈴木さんの話を聞いていると、

    人事の仕事というものは、職場で働く人達への

    福祉そのものではないかと思う。

     

    大切にしているよ、見ているよ、

    見守っているよと、

    職員達にいかに伝えるか。

    ここに居場所があると、職員一人ひとりが

    安心して信じられるように、さりげなく寄り添い続ける。

    その姿勢は、人と人の関係、人と環境との関係を紡ぐ

    法人の福祉に対する姿勢に通じている。

     

    また人事担当として人を育てる一方で、

    法人と地域を繋ぎ、地域の中に

    利用者の居場所を紡ぐ取り組みにも

    積極的に関わってきた。

     

    居場所をつむいでいく中で、

    鈴木さん自身、ボランティアでスタッフの一員として

    参加している法人の地域活動もある。

     

    「学生時代に続けていた書道を活かして

     地域の書道サークルで先生を。

     人様に教えるのだからと、

     あらためて師範の資格を取りました。

     

     “タッピングタッチ”というケアがあるんです。

     ゆっくり、やさしく、ていねいに左右交互に

     タッチすることを基本にしたケアで、

     とても簡単なんですが、不安や緊張、

     痛みやストレス反応を和らげるような効果があって。

     2人で互いに触れ合う基本のタッピングと

     セルフタッピング、ケアタッピングがあって、

     セルフケアも、相手のケアもできるので、

     これは職場や地域でも役立てられるのではないかと

     勉強して、インストラクターの資格を取りました。

     特養のフロアでも何度か、やらせてもらってるのですが、

     これから少しずつ利用者さんや職員、

     地域の方々へも伝えていけたらいいなと。

     

     そういうことを通じて、

     法人の利用者の方の枠にとどまらず、

     いろいろな人が来やすい居場所づくりが

     できたらいいなと思って」

     

    自分が自分らしく、いることを問い続け、

    自分が自分らしく、いられる場所を探し続けてきた。

    人生をそんな風に旅してきたからこそ、

    安心して身を委ねられる居場所を得ることの

    大きさを分かっている人。

     

    「いろいろな方法で皆が繋がっていけたらいいなと。

     いろいろな人が交わることのできる居場所づくりに、

     自分にできることを地域の中で続けている。

     今はそんな感じです」

     

    人材を得て育てる人事担当者として職員の居場所を紡ぎ、

    その職員達と一緒に、地域のお年寄りの居場所を

    地域の中に紡いでいる。

     

    人と人の関係を、人と環境の関係を、

    一本一本の糸をつむいでいくように

    ていねいに結んでいく。

    福祉というのは、そこで暮らす人の普段の生活が、

    何でもないことのように過ぎていくように、

    人々の間を流れる河のようだ。

     

    「困っている人がいない環境をつくることだと思います」

     

    シンプルなこの言葉が、今、強く胸に響いている。

     

     

                                                    <終>

     

                                                               

                次回予定 コラム「職場の中の福祉」

     

     

    協力:社会福祉法人 白寿会

     

    コーディネート協力:社会福祉法人 産經新聞厚生文化事業団

     

     

    >>記事一覧へ>>>
    hihi wo oru

     

     

    JUGEMテーマ:社会福祉

    | ☆ルポルタージュ「日々を織る」Person4 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) |