CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
社会のインフラとして vol.3|日々を織る
0

     

    ☆「日々を織る」福祉の現場に生きる人たちのルポルタージュ☆

     

     

    Person 5   荒井 恵一さん

     

    社会のインフラとして

     

      序・大阪で社会事業を先駆した創設者

      進路を変えた人との出会い

      背中を見て仕事を教わる

      2人の師匠と、仕事に対する執念

      物事を動かしていく情熱

      機会を逃さず

      モチベーションの継続

      職員たちの力を育てる土壌

      地域の中に

      生活のお守り

     ⅺ 何かあったらウチにおいで

     ⅻ さりげなく地域の中にある

     

     

    荒井さんを待っていた最初の仕事は、

    増床のために改築中の母子寮での手伝いだった。

    引っ越しの手伝いもした。

    建設会社の人たちと話ができるよう、

    設備など建築中の建物について理解することもした。

    また、唯一の男性職員ということで、

    母子寮で暮らす母親たちを守る役目もあった。

    寮で暮らす女性の中には、サラ金の取り立てや

    DVから避難してきた人もいた。

    サラ金との交渉、暴力をふるう夫との交渉と、

    女性たちを守る窓口として矢面に立った。

    そして、母子寮で暮らす子どもたちが心身ともに

    健やかに育っていくように補導も行った。

     

    母子が暮らす建物の整備、

    トラブルの解決、

    子どもたちの育成の手助け。

    困っているお母さんたちの問題を解決する。

    様々な面で、お母さんたちの力になる。

    それが福祉だという意識は無いままに、

    ただただ、毎日、現場で、それをする。

    働いてみて駄目だと思えば、別の道を探せばいいと

    思っていた福祉の仕事は、

    仕事だと感じることもないほどに

    荒井さんの日々を充たしていた。

     

    入職してから2年目、全国社会福祉協議会への

    半年間の出向を命じられた。

    配属された部署は、種別や専属を持たず

    中之島と呼ばれる部署だった。

    社会福祉協議会の職員2名と一緒に、

    部門部署が明確でない仕事全般を担当していた。

    その一つとして、ちょうどその頃立ち上げていた

    全国経営者協議会の事務局の仕事があった。

    荒井さんは、機関誌をつくるように命じられた。

    全国の経営者向けの記事を企画したり、

    原稿執筆の依頼をしたりと、

    未経験ながら、会員たちに役立つ情報を届けようと

    編集制作に勤しんだ。

     

    まだ、24、5歳の、経験の少ない若者が、

    経営者というベテランの人たちが集まる

    全国的な組織の立ち上げに携わった。

    八尾隣保館で経理の仕事もしていたので、

    自分にできることが一つ、しっかりとあったのが心強かった。

    とは言え、ベテランの経営者を前にしての会計報告など、

    ずいぶんとたどたどしいところもあったとは思うが、

    ともかくも、できることをきちんとしながら

    仕事の内容をバージョンアップしていった。

     

    「職員さんたちと、仕事を離れても飲みに行ったり、

     コミュニケーションを重ねて、

     無我夢中で、足りないところは覚えながら、

     一つひとつの仕事をしていきました」

     

    経験が足りないのなら、やる気で補う。

    やる気があって、酒が飲めて、人と積極的に繋がっていく。

    型破りなような坂江さんの面接は、

    実は、育てていきたいと思う若者の資質を見極める

    肝を押さえていたのではないだろうか。

     

    さて、半年間の予定だったこの出向は、

    実は2年間と大きく期間が延びた。

    半年が経ったところで、社会福祉協議会の上司から

    東京でもう少しやってみるか、大阪に戻るか訊ねられた。

    周囲の理解が得られるなら、残りたかった。

    会報誌の原稿も、起案書も、

    真っ赤に朱入れをして返してくれるこの上司と

    もう少し仕事をしたかった。

    生まれて間もない経営者協議会をどう動かしていくか、

    画期的なアイデアを考え、その実現のために

    調査をし、交渉をする姿を見せてくれた。

    その背中を見て、もっと学びたい、

    この人たちとの仕事を続けたいと思った。

     

    仕事と、仕事を教えてくれる人との出会い。

    この全国社会福祉協議会での2年間で得た

    人との関係づくり、人との繋がりは、

    荒井さんの宝であり、法人の財産だ。

    三十数年経った今も、

    この時一緒に仕事をした人たちとは繋がっている。

    当時と同じように、今も

    時に一緒に食事をし、酒を飲み、話をする。

    日本の中央で国を相手に仕事をする人たちと、

    地方の町の地域の中に根づいた現場を動かす人。

    それぞれの位置から、今これからの福祉の姿を

    ざっくばらんに話し合い、互いの仕事に生かしていく。

     

    八尾隣保館の坂江さん、

    全国社会福祉協議会時代の松寿さん。

    大阪と東京に、師匠と呼ぶ人を得た20代の頃。

    その出会いを引き寄せてきたのは何か。

     

                                                               

             次回 「 2人の師匠と、仕事に対する執念」

     

     

    協力:社会福祉法人 八尾隣保館

    コーディネーター:社会福祉法人 産經新聞厚生文化事業団

     

     

    >>記事一覧へ>>>
    hihi wo oru

     

     

    JUGEMテーマ:社会福祉

    | ☆ルポルタージュ「日々を織る」Person5 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |